債務整理中に債権者から訴訟を起こされたらどうすべきか?

弁護士に債務整理の手続きを依頼して任意整理の手続きを開始したところ、債権者からの督促がストップしてホッとしたのも束の間、その債権者や別の債権者から訴訟を提起されるといった事態も起こり得ます。
こんな時はどうすればいいでしょうか?弁護士に依頼したからとそのまま放っておくと、債権者の主張を認めたものとみなされ判決が確定してしまう虞があります。
訴訟は債権者と債務者、裁判所が関与する手続きであり、この時点では弁護士は関わっていません。
早急に、訴状が来たことを弁護士に知らせて対応してもらってください。
弁護士としてはまず、訴訟を起こした債権者にコンタクトをとり、和解ができないか交渉を試みてくれるはずです。
交渉が上手くいけば債権者は申立てを取り下げてくれ、あなたに有利な内容で借金の減額や返済方法の変更の合意を見られることがあります。
和解に至らない場合は弁護士があなたの代理人として、裁判の対応をしてくれるでしょう。